フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、プラスなりゆきで兼業主夫的生活になって25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。記事の内容はその時点の思いつき。現在は考え方が違っているかもしれません。

生活

初めての一人暮らしでまず大変なのは、食事でも掃除でもなく、洗濯かもしれない。

末っ子のひとり暮らしを準備中の私です。 長男と長女のとき気付いたんですが、はじめてのひとり暮らし生活でまず大変なことの一つが、洗濯ではないかと思うのです。 食事でもなく、掃除でもなく。 もちろん、各種手続などを全部自力でやるのは大変ですが、日…

後付けの二重サッシ,防寒に役立っています。

賃貸アパートから一戸建てに引っ越してきた頃,家の中が寒くて困りました。 地域の工務店が建てた,高断熱でも高気密でもない,ごくごく普通の建て売り住宅と同程度の家でしたから。 そこで,入居してすぐ,後付けの二重サッシを業者さんにつけてもらうこと…

nuroモバイルの「0 SIM」を契約してみました。月間データ通信量500MBまで月額基本料金タダ。

スマホの料金をいかに安く抑えるか。 みなさん工夫していると思います。 私はというと……ほとんど家にいてWiFi経由で使っているので、データ通信量をほとんど使っていないことに気付き、あろうことかSIMを解約してしまいました。 nshufu.hatenablog.com その…

受験・出願用証明写真はスピード写真で済みそう。切るにはペーパーカッターがあると便利だけれど…。

末っ子の大学受験出願手続中の私。 手続に必要な写真についてあれこれやっているところです。 nshufu.hatenablog.com nshufu.hatenablog.com nshufu.hatenablog.com 証明写真機(いわゆる「スピード写真」)で問題ないのであれば、それが一番便利そうという…

証明写真機(いわゆるスピード写真)の進化。撮影された画像のデータがスマホで受け取れる。

大学受験出願用の写真を用意するため、いろいろ調べていました。 nshufu.hatenablog.com nshufu.hatenablog.com 「個人で撮影したデータで可」「スピード写真可」「写真店で撮影したものに限る」……いろいろ。 末っ子の受験に際し、高校に業者が来て行った出…

受験の出願用写真を用意する5種類の方法についてまとめてみた。

末っ子の大学受験がいよいよ近づいてきました。 出願手続の受付もぼちぼち始まっています。 その出願手続も、昔からずいぶん様変わり。私立はウェブ出願化が進んでいるようです。 ウェブ出願の場合、専用サイトで必要情報を入力・登録し、必要書類(高校の調…

高齢の親に、家族写真をプリントして送った話。

年末年始、写真の整理をしていました。 デジカメやスマホで撮影した大量の画像データの中からよさそうなものを選び、ネットプリントに出して紙のプリントにし、家族それぞれのアルバムに貼る作業です。 アルバムの台紙が足りなくなったので、それもネットで…

ネットプリントで写真を注文。今回は「しまうまプリント」にしてみました。

延ばし延ばしになっていた家族写真データのネットプリントを注文しました。 何で手を付けなかったのか? 私が怠けていたのはもちろんですが、そもそも、最近は昔に比べて家族写真を全然撮らなくなってしまったんです。 子どもが大きくなるまでは、さまざまな…

冬を耐える雑草の姿,ロゼット。

雑草の中には冬に枯れるものもありますが,枯れずに冬越しする雑草もあります。 そんな雑草は,弱い日の光でもできるだけ浴びようと,地面にへばりつくように平らに葉を拡げています。 その形を,ロゼットと呼びます。 この季節,枯れ草色の中に緑色が残って…

野菜の切れ端を育ててまた収穫する、「リボベジ」。

(どこかが商標登録してるんでしょうか) 「リボベジ」という言葉を知りました。 Reborn Vegetable。「生まれ変わった」、……というより「再生した野菜」ということでしょうか。 具体的には、野菜の切れ端を育ててまた野菜として収穫すること。 www.nhk.or.jp…

「ゆで卵の殻がキレイに剥けない」長年の問題。特別な道具を使わず、スプーンで最終解決しました。

ゆでたまごの殻がキレイに剥けないと、本当にイライラします。 時間がかかるし、白身が殻についてしまって食べられる分が減ってしまい、もったいない。 いままでどれほど、ゆで卵の殻むきに悩んできたか。 それを回避する方法が昔からいろいろ言われてきまし…

家の中でたまに見かける、米粒ほどの小さな黒い虫。アレかな?と思っていたらやっぱりアレだった。(閲覧注意)

(今回の記事は閲覧注意です) 家の中でたまにときどき見かける、米粒ほどの小さな黒い虫が気になっていました。 体長(触角を含まない)は3 mmほど。タイルの目地の幅とほぼ同じぐらいしかありません。 あれは一体何だろう? もしかして……もしかするかも…… …

0円農園、今年もほぼ終了。というわけで芋掘りをしたけれど……?

元手ゼロで野菜が収穫できてしまうという、ウチの0円農園。 秋も深まり、ほぼ終了という季節になりました。 ※なぜ元手タダかというと、生ゴミを埋めたところや前の年に落ちた種から出た芽を、そのまま成長させるからです。 最後にちょっと楽しみにしていたの…

障子の貼り替え。ネコが破りにくいプラスチック障子紙を、両面テープで。

ネコを飼っているときの大きな問題の1つが、障子です。 普通の障子紙だと、当然こうなります。 そこでウチでは、しばらく前から、プラスチック障子紙を使っています。 アサヒペン 超強 プラスチック 障子紙 両面テープ貼り 94cmX2.15m 雲竜 6812 posted with…

小さい秋、見つけた。

11月になり、トンボも数が減りましたが、庭に出たら赤とんぼがいました。 羽の内側に広い帯があるのは、ミヤマアカネ。 細長い亜成体の体つきだったジョロウグモも、丸々とした成体になりました。 以前は、どの巣にも、雌の上に2まわりほど小さいオスが控え…

ドライヤーのスイッチが壊れたけれど、2回目の修理は断念して買い換え。妻が選んだポイント2点。

ドライヤーのスイッチが壊れました。 本来、こうなっているべきスイッチが、 取れちゃったんです。 プラスチックが折れたようです。 割れた断面が見えます。 実は、以前も同じように取れたことがありまして、そのときは瞬間接着剤を割れた部分だけに付けてみ…

カーペットを新調。折りたたみ式は薄いけれど、オフシーズンの収納が楽で、安い。

朝晩が冷えるようになってきたので、部屋の中も冬じたく。 一つは、1年中出している家具調こたつにこたつ布団をセットすること。 もう一つは、フローリングの上にカーペットを敷くこと。 しかし、ここ数年使ってきたカーペットは、はじっこをネコが爪研ぎに…

地域の草むしりをしながら考えた。生活環境の維持は住民自体が主体になっていくはず。

今朝は自治会の草むしりでした。 年3回ぐらい、住んでいる市全体で一斉清掃をよびかけているんです。 ウチの自治会では、班ごとに班内の草むしりをすることになっています。 20年ぐらい前は、わが家の近辺も年齢構成がもっと若ったせいか、参加人数も多く、1…

「蛍の光~、窓の雪~♪」……LEDライトで受験勉強。

ほーたーるの、ひーかーり、まーどーのーゆーきー♪ 誰でも知っているこの歌詞。 夏は蛍を集めて明かりにし、冬は窓に積もった雪明かりで勉強に励んだ日々、という意味ですね。 ウチの高校生の末っ子は受験生。まじめに勉強しています(たぶん)。 ほんの10分…

気分が晴れないときは、草むしりでリフレッシュ。むしゃくしゃした気分にも、落ち込んだ気分にも効きます。

どうにもむしゃくしゃした気分のとき。 そんなときには、草むしりをするに限ります。 幸い、季節は秋。虫も減ってきましたから。 草むしりをするのに、準備は必要ありません。 何も考えず、ふらっと草ぼうぼうの庭に出て、目の前の草を1本抜けばいいだけ。 1…

成体になったジョロウグモ,元気のないオオカマキリ。

ついこの間まで猛烈に暑かったと思っていたのに,もう秋本番。 この時期,ウチの庭でいちばん目立つ生き物なのが,ジョロウグモ。 なぜ目立つか?というと。 もちろん大きな巣をあちこちに(ときには空高く!)かけているということもありますが,何よりも,…

「図書カードNEXT」。こういう仕組みだったのか!

妻が、何かのアンケートの謝礼品として図書カードをもらいました。 最近、こういう謝礼はQUOカードが多かったので、図書カードをもらったのは久しぶり。 昔は、「図書券」という紙の商品券でした。500円券と100円券があったなあ。 それがその後、磁気カード…

車検前に発炎筒を交換するときには、窓ガラスを割る工具付きのものがよさそう。

車検の時期が近づいてきました。 発炎筒(発煙筒)の有効期限が切れていたので、自分でカーショップで交換することに。 新しくなりました。火薬なので、古いものはカーショップで引き取ってもらった方がよさそうです。 交換してから気付きましたが、ネットで…

秋の庭仕事、ビオラ苗の植え付け。

ココロを入れ替えて、少しは家の外回りを花で飾ろうかと思った私。 チューリップ球根の植え付けに続き、ビオラ苗を植えました。 どうしても殺風景になる冬ですが、パンジーやビオラは冬中よく咲いてくれます。 そういえば遠い昔は、プランターにいくつも植え…

26年使ってきた、鉄製の中華鍋。

「26年使ってきた」シリーズ最終回は、中華鍋です。 画像だと、妙に小さく見えてしまうのはなぜだろう……。 直径30cmある大きな中華鍋です。 両手鍋を「広東鍋」、片手鍋を「北京鍋」と言うので、これは北京鍋ということになります。 鉄のフライパンと同じく…

26年使ってきた、アルミ製片手鍋。

唐突に始まった「26年使ってきた」シリーズ第3回。 今回はアルミ製片手鍋です。 第1回もアルミ製片手鍋でしたが。 nshufu.hatenablog.com 今回も直径18cmの鍋です。 オールアルミ製(とでも言うのかな?)いかにも「業務用」っていう感じがそそります。 アル…

26年使ってきた、鉄製フライパン。

突然始まった「26年使ってきた」シリーズ。 昨日は片手鍋でした。 nshufu.hatenablog.com 今日はフライパンです。 鉄製フライパン。 この画像だと小さく見えるような気もしますが、直径24cmの標準的サイズ。 本当はこの柄のところにサイズが書いてあったので…

26年使ってきた片手鍋、気に入っているポイント。

この間、ほとんど初めて?といっていいぐらい鍋を焦がしました。 といっても焦げ付く寸前で気付いたため復活できましたが。 nshufu.hatenablog.com なんて言うこともない片手鍋ですが、会社を辞めてフリーランスになり、寮を出て(当時はまだ独身だったため)…

26年愛用の鍋を焦げ付かせてしまった…でも重曹の効果かどうか、元通りになってよかった。

イレギュラーな事態がやってくるのはいつも夕方。 急用ができてバタバタするのは、たいてい夕食の準備をしようとしているときです。 (それ以外の時間帯はバタバタしようがないからですが) 昨晩もちょうどそんな状況で、夕食の準備を急いで済ませてしまおう…

秋の庭。イヌタデ、セリ、ミズヒキなど。

ブログネタを探しに庭に出たシリーズ2回目です。(そんなシリーズあるのか?) イヌタデ。 「アカマンマと呼ばれてままごと遊びのご飯に使われる」と読んだ記憶がありますが、今どきの子どもはままごと遊びするのかなあ。 ごくありふれた雑草です。 植物の名…