フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、プラスなりゆきで兼業主夫的生活になって25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。記事の内容はその時点の思いつき。現在は考え方が違っているかもしれません。

雪かきスコップ、プラスチック製?アルミ製?それとも鉄製スコップがいい? 置き場がないならチリトリはどうでしょう。

 

昨日はこんな記事を見ました。

 

togetter.com

 

雪かきスコップの比較です。

 

雪かき専用のスコップには、いろいろな種類があります。

  • プラスチック製。
  • アルミ製。
  • それと、雪かき専用ではありませんが、普通の鉄製スコップ。

それぞれに一長一短があります。

 

プラスチック製雪かきスコップ。

 

軽くて扱いやすいのが最大の特徴です。

 

一口にプラスチック製といっても、種類があります。

  • 先端が金属で補強されているものと、されていないもの。
  • 雪を「すくう」形状のものと、雪を「押しやる」形状のもの。

 

まず、先端が金属で補強されているものの方が、絶対おすすめです。

補強されていないと、凍った雪や固いものに当たったときに簡単に割れてしまいます。

ウチには、補強されているものが2本あります。

 

ブルドーザーの前の部分みたいな形をしている「雪をおしやるタイプ」だと、雪をすくい持ち上げて運ぶことができません。

ですから、雪国以外では、最初の1本としては検討対象外となるでしょう。

 

アルミ製雪かきスコップ。

 

私は持っていませんが、軽さと強度を兼ね備えています(ただし鉄製には劣る)。

1本だけ持つなら、アルミ製にしてもいいかもしれません。ただし、当然プラスチック製よりは値段が高い。それに固く凍った部分だと曲がってしまうでしょうから、無理は禁物です。

 

鉄製スコップ。

 

四角い形の「角スコップ」(角スコ)と、先がとがった「剣先スコップ」(剣スコ)の2種類があります。

ウチには、庭仕事用にそれぞれが1本ずつあります。

 

特徴は、強度と重さ。凍った部分を砕いたり、板状に凍った雪を大きく路面から剥がして持ち上げることができます。ただし、重い。すくう部分の面積も小さいので、一度に多くの雪を運ぶことはできません。

 

なので、鉄製スコップは雪かきのための最初の1本としてはおすすめできません。

もし2本持つなら、ウチのようにプラスチック製雪かきスコップと鉄製スコップが両方あると万能でしょう。

 

ちょっとだけ雪かきしたいときは?

 

では、東京でアパート1人暮らしなどの場合。スコップを置く場所もないし、普段は雪も積もらないし、万一のときだけのために備えたい場合はどうしたらいいでしょう?

私は実際の経験はありませんが、金属製のちりとりを1つ常備しておくというのはどうでしょうか。東京など普段は雪が積もらない地域のちょっとした雪程度なら、アパートの通路や階段ぐらいは雪かきできそうです。

 

プラスチック製チリトリでも、ないよりはマシでしょうが、多分すぐ割れてしまいます。

もしものときの備えとしてなら、金属製の方がいいと思いますよ。

 

[REDECKER/レデッカー]フック付きチリトリ

[REDECKER/レデッカー]フック付きチリトリ