読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

トンボ鉛筆の8900番、鉛筆ホルダー。鉛筆けずりの思い出。

 

机の引き出しの奥から、古い鉛筆が出てきました。

私が大学受験のころに使っていた残骸。もう35年も前のものです。

 

文房具にそれほどこだわりがあるわけではありませんが、鉛筆はやはりトンボ鉛筆の8900番が好きです。軸の塗装のくすんだ濃い黄緑色と木の色のバランスがいい。日本のメーカー品は、例えば木の質も100均のものとは全然違います。

 

f:id:NShufu:20170315160700j:plain

 

中学・高校のころ、私は鉛筆をナイフで削って使っていました。

「ナイフのような基本的な道具ぐらい使えなければ人間としてマズいんじゃないか」という、今で言うちょっと中2病的なこだわりです。

勉強の前にナイフで鉛筆を削るなんて、まるで巌流島に向かう小舟の中で櫂を削っていた宮本武蔵みたいじゃないか? なんて思ってみたり。

 削り続けて短くなった鉛筆は、「鉛筆ホルダー」を使って限界まで使っていました。

f:id:NShufu:20170315161205j:plain

これを使うと、短くなった鉛筆でも、いくらでも使えるんですよ。

 

どこまで使えるか、面白がってどんどん削っては使っていました。

そうしているうち、こんなものがたくさんできました。下は、現存しているものの一部。

f:id:NShufu:20170315161127j:plain

これで高さ5mm~1cmぐらい。これでもまだ書けます。

 

3人の子どもが小学生のころ、子どもの鉛筆もいつもナイフで削ってやっていました。そういえば、「鉛筆けずって~」と持ってこなくなったのは何歳ぐらいのことだったかなあ。

 

特に真ん中の娘は、私の変なこだわり・面白がりを受け継いでしまったのか、同じように鉛筆ホルダーを使っていました。上の青い鉛筆ホルダーは娘が使っていたものです。私が当時使っていたもの(いかにも事務用品風の銀色のもの)は、ずいぶん前に内部が折れてしまいましたが、その後どうしたんだか。

 娘のこれも、持つところの塗装が少しはげているので、結構使っていたのでしょう。

 

(2017.4.3追記)

末っ子(高校生男子)が「鉛筆ホルダーみたいなのない……?」と言ってきたので,「お姉ちゃんが使ってた"由緒正しいホルダー"でいい?」と,上の画像の青いホルダーを渡しました。こうやって代々受け継がれていくんでしょう(っていうほどのモンじゃないけど)。それにしてもこういう変なこだわり,一体誰に似たんだか…笑。

 

(2017.4.7追記)

昔の鉛筆ホルダーが出てきました。なんと末っ子が持っていました。おそらく、娘にあげたものが末っ子に渡っていたんでしょう。中が折れているのでもう使えませんけどね。このホルダーも、私が買った憶えはないので、実家にあった(私の父が使った)ものなのかもしれません。

f:id:NShufu:20170407125302j:plain

 

三菱鉛筆の9000番は、塗装が少し暗い緑なので、色合いがイマイチ。

f:id:NShufu:20170315161717j:plain

 

広告を非表示にする