フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、プラスなりゆきで兼業主夫的生活になって25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。記事の内容はその時点の思いつき。現在は考え方が違っているかもしれません。

車のエアコンフィルター交換。自分で簡単にでき、安上がりに済みました。

 

(「エアコン」フィルターです。エアフィルターや、エアクリーナーエレメントではありません)

 

地方都市暮らしなので車は私が使うものと妻が使うものの計2台ありますが、妻が使っている車のエアコンの効きがあまりよくないことに気付きました。(私が乗ってる車の方が古いのに)

 

エアコンガスの問題かな? 効くのが遅いだけだからまあいいか、と思っていましたが、ふと気付いたことが。

 

エアコンフィルターを全然替えていない!

 

エアコンフィルター。

 

燃料系への影響が大きいエアフィルター(エアクリーナーエレメント)とは違い、エアコンの空気取り入れ口にあるフィルターですから、車の走行や安全には関係ないパーツです。

車検や定期点検の項目でもありません。なのですっかり忘れていました。

カビ臭いとか風量が弱いといったことも、特にありませんでしたから。

 

でも、新車のときからもう10年も交換していませんでした。10年も!

今回調べてみたら、「1年または1万kmで交換推奨」らしいのに……。

 

そこで、交換することにしました。

(本当は夏になる前がよかったんでしょうけど)

 

どこで交換するか。

 

カー用品チェーン店で交換してくれます。工賃込みで3000~4000円ぐらいではないでしょうか。

 

しかし、調べてみると自分でも交換できそう。

部品メーカーのサイトを見ると、交換方法が車種別に図や写真で詳しく説明されています。

交換の難易度も、3段階でわかりやすく表示されていたり。

 

これなら自分でもできそうです。

ということで、フィルターを入手して自分で交換することにしました。

 

交換用フィルターの入手。

 

車の情報から、ネットで適合する部品は簡単に調べられます。

ただし、値段にもけっこう差が。

 

10年も交換していなかったんだから、どんなものに替えても少なくとも良くなるはず。

でも、安物すぎて万一適合しなかったりしたら面倒。

……

ということで、(自分的に)名の通ったブランドのものから探すことにしました。

DENSO、BOSCH、PIAA……といった、昔からのパーツブランドです。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【PIAA ピア】【EVC-A1】カーエアコンフィルター Comfort(コンフォート){EVC-A1[9162]}
価格:1353円(税込、送料別) (2020/9/20時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[ACM-Z02] BOSCH エアコンフィルター アエリスト コンフォート(除塵タイプ) (マツダ)
価格:1161円(税込、送料別) (2020/9/20時点)

楽天で購入

 

デンソーは安心感がありますが、他2つよりちょっと高め。

とあるネット通販でちょうどボッシュのものが安かったので、それにしました。 

ボッシュのエアコンフィルターACM-Z02

こういう商品は本体価格が安いので、どうしても送料が割高になってしまいます。

近所のカー用品店にも行ってみましたが、点灯での扱いはほとんどありませんでした。(「ピットサービスで交換」を前提にしているのでしょう)

 

Amazon、楽天、ヨドバシドットコム、Yahooショッピング、PayPayモールなど、送料やキャンペーン、クーポンなども含めて安く購入できるところを探してみてください。

 

交換作業。

 

交換手順は、各パーツメーカーのサイトに詳しく記載されています。

BOSCHのページはこちら↓。

車種別適合品サーチ | ボッシュの自動車パーツ/アクセサリー | ボッシュ・イン・ジャパン

適合品番を検索すると、品番と同じページに取り付け方法の説明書へのリンクが張ってあります。 

 

商品にも、線画(この方が写真よりわかりやすい)の説明書が添付されています。

「交換難易度:★(簡単)、取り付け時間の目安:3分」!

エアコンフィルター添付の取付要領
線画での取り付け説明

ステッカーも付いているので、交換年月日と走行距離を記入して適当な場所に貼っておけば、次回交換時の参考になります。

 

交換は、助手席の前にあるグローブボックス(車検証などを入れている場所ですね)から行います。

グローブボックス

このグローブボックスの左右を内側にたわませて外すと、中が見えるようになります。

(ただし、外し方が取付要領の記載とはちょっと違いました……)

グローブボックスを外したところ

はずすとすぐ、エアコンフィルターが入っているボックスが見えました。(白いカバーがはめこまれている部分)

このカバー(簡単にはめこまれているだけ)を外して、古いエアコンフィルターを引っ張り出します。

 

じゃーん。10年モノのエアコンフィルター。

思ったほどものすごくはありませんでしたが……。

取り外したエアコンフィルター

 

新品(下)と比べると、違いは歴然。

(BOSCHの新品は純正品ではないので、構造が違っています)

新旧エアコンフィルター比較


新しいフィルターを、上下に注意してケースに押し込みます。

フィルターのメーカーによって、上側が「↑ UP」と表示されているものもあれば、空気の流れる向きが「↓ AIR FLOW」と表示されているものもあるようなので、挿入する向きに注意です。

 

ブレブレですが、新品を入れたところ。

新品フィルター挿入後

あとは、白いカバーを元に戻してグローブボックスを元通り嵌めれば作業完了です。

 

はじめてなので3分とはいきませんでしたが、5分程度で済みました。

 

これで、来年の夏はエアコンの効きが少しは良くなるかな?

特にエアコンがカビ臭い場合、車内消臭のほかこういう対策もできますね。