フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

国際宇宙ステーションを見よう!

 

……というか、昨日(2017年5月23日)見ました。

 

 

国際宇宙ステーションISS。日本の実験棟「きぼう」も接続されています)は、高度約400kmの上空を約90分ごとに周回しているので、日本上空もしょっちゅう通過します。

 

通過する時間帯が日の出前や日没後だと、地上から見える空は暗いのに上空400kmでは太陽の光が当たるため、国際宇宙ステーションが反射して光り、星のように見えるんです。

 

いつ見える?

 

JAXAのサイトに掲載されています。日本国内でも地域によって見えたり見えなかったりするので、お住まいの場所で見えるのがいつか、探してみましょう。

 

kibo.tksc.jaxa.jp

 

時刻や方角、角度など詳しく掲載されているので、見つけやすいと思います。

 

どんな風に見える?

 

知らない人が見たら「飛行機だろうなな」と思うかもしれません。

夜空を肉眼で動いて見える光は、飛行機としか思いませんよね。

 

でも、違う点がいくつか。

  • 点滅しない。
  • 赤色灯がない。
  • 明るさが変わる。
  • 急に現れ、すーっと消える。

太陽の光を反射しているときだけ光って見えます。なので、時間帯や方角、角度によると思いますが、夜空の何もないところに、だんだん光り始めて現れることが多いと思います。

そして、反射の仕方によって明るさが変化します。

空を横切り、角度の関係で太陽光を反射しなくなると、すーっと夜空に消えていきます。(飛行機ならずっと見え続けるはず)

 

そう思って見ると、なんだか不思議な見え方だと思いますよ。

 

 

何もない夜空に光の点が現れてすーっと動いてくる……

古いですが、アニメ『未来少年コナン』の終盤、太陽光発電衛星をとらえた場面を思い出してしまいます。

 

※『未来少年コナン』、最近めっきり話題にならなくなったような気がしますが、NHKが初めて放送したテレビアニメで、しかも宮崎駿の初監督作品です。今は「コナン」といえば「名探偵コナン」になってしまうのがちょっと寂しい。映画でなく連続TVアニメで、しかも半年分(26話)もあるので、再放送しにくいからでしょうかね。私は、NHKの本放送から民放での再放送も含めて何回も見ました。  

未来少年コナン Blu-rayボックス

未来少年コナン Blu-rayボックス

 
広告を非表示にする