フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

かき氷のイチゴシロップをパン焼き器に入れたら。

 

わが家で大活躍のパン焼き器(ホームベーカリー)。

「冷蔵庫の肥やし」を処分する装置になりかかってます。

前回の記事はこちら。 

nshufu.hatenablog.com

 

前回は、チョコレートシロップを入れていたら、それを見ていた末っ子がぼそっと「……これも入れれば?」と言ったところで終わっていました。

今日はその続き。

 

なので、今回はこれです。

f:id:NShufu:20170726134905j:plain

使い切れずに残っていた、かき氷用のいちごシロップ。

賞味期限は切れてます。もちろん開封してからも……2年以上経ってます……。幸い、冷蔵庫に入れてあったのでカビ等はありません。(それならいいのか?)

 

「今が夏本番なんだから、かき氷で食べ切ってしまえばいいのでは?」

……と思う方もあるでしょう。

 

しかし。ウチに最後に1人残った末っ子は、「おやつを食べない」んです。

朝昼晩の3食は、きっちり食べます。昼と夜は、食後にバナナ1本が必須、それに加えてちょこっとおかしをつまむこともあります。部活から帰って来た昼食後には、続けて棒アイスを食べることもあります。でも、間食は全くしない。

おなかすかないの? と言っているんですが、間食をしないのがたぶん末っ子の「ルール」。

そんな子どももいるんですよ…。

 

そんなわけで、冷蔵庫の肥やしとして残っていたわけです。

残りは70g程度だったので、全部一度にパン焼き器に入れてしまいました。

 

水の重量をその分減らし、砂糖の量も少し減らしてパン焼き器をセットした結果。

問題なく焼けました。

f:id:NShufu:20170726135821j:plain

見た目は普通のパンと変わりなく、ピンクの色は全く残っていません。

切ってみても普通に白い。

f:id:NShufu:20170726135940j:plain

食べても、特に甘いとかイチゴ味というわけではありません。

ただ、このパンが置いてあるだけで、あたりに何となく、かすかなイチゴシロップの香りがただよっています。