フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫的な生活になってから25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

通学用自転車(ママチャリ)の前カゴ取り付けブラケットを交換。

 

酷使されている通学用自転車。先日,前カゴ取り付け用ブラケットが折れてしまいました。

 

nshufu.hatenablog.com

 

前カゴがないままにしておくのもどうかと思ったので,自分で直すことにしました。

修理すればブログネタにもなるし。

 

必要な部品は,前カゴ用ブラケット

 

ネット通販だと安いんですが,送料がかかってしまうので,近所のホームセンターで調達。598円+税=645円でした。サイズの種類は特にないようです。

f:id:NShufu:20180328154314j:plain

 

折れたブラケット。自転車本体のフレーム(ヘッドチューブ)上端にはめてあり,ハンドルステム(ハンドルの "軸")で串刺しにされている状態です。ですから,ハンドルステムを引き抜かなければ交換できません。

f:id:NShufu:20180328154446j:plain

ハンドルステムは長いボルトで固定されており,その上端は、ウチの自転車ではプラスチックカバーで蓋をされています。このカバーは,ドライバーなどでこじれば簡単に取れます。

f:id:NShufu:20180328154450j:plainf:id:NShufu:20180328154453j:plain

 

中のボルトを六角レンチ(アレンキー)で回すんですが,……固くて回らない。

プラスチックハンマーは持っていないので,木づちで叩きます。画像のように横からではダメで(まあ当然です),上から,ハンドルステムの軸と同じ方向に叩いて衝撃を加えたら回りました。

f:id:NShufu:20180328154436j:plain

 

ボルトが抜けました。

でも,本当は抜く必要はありません。

f:id:NShufu:20180328154440j:plain

ボルトが抜けるまで回さなくても,本来はゆるめるだけでハンドルステムが抜けるはずなんです。でも,ボルトが抜けるまで回しても,ハンドルはびくともしませんでした。

 

ボルトの下には「ウス」という小さな部品が付いていて,ハンドルステムをフレームに締め付け,固定しています。その「ウス」が,長年のうちにハンドルステムとフレームに固着してしまったんでしょう。

 

なので,ハンドルステムの下に固着しているはずのウスを、ハンドルステムから剥がします。

 

ウスは,ボルトを抜いた後も、そのままハンドルステムの下に張り付いているはずなので,ボルトをもう1回挿入して,ボルトの頭を木づちでコン!と叩きます。そうすると衝撃がウスに伝わり,固着していたウスがフレーム内に落ちるはず。

 

コン!

ボルトを叩くと、ボルトがポンと中に落ち込みました。ボルトの先(下)に当たっていたウスが,フレーム内に落ちたのでしょう。

 

ハンドルステムを固定していたウスが剥がれれば,ハンドルステムをフレームから引き抜けるはず。

 

えいっ。

……

 

抜けません。

ウスだけでなく,長年のうちにハンドルステム自体がフレームに固着してしまったのでしょう。

 

前輪を両脚で挟んで押さえ,ハンドルをぐいぐい左右にこじったり,前輪をモノに押し当てて動かないようにしてハンドルをこじったり。

いろいろやっているうちにちょっとずつ動き,ようやくハンドルが抜けました。

 

ハンドルが抜けたら,フレーム内に落ちたウスを回収します。

ボルトを挿入して少し回せば落ちているウスにはまるので,そのままボルトを引き上げればウスが釣り上げられるという寸法です。

 

ウスが釣れました。案の定,サビサビ。

f:id:NShufu:20180328154456j:plain

 

本来は,こういう組み合わせになっています。(上側はハンドルステム) 

f:id:NShufu:20180328154417j:plain

 

ハンドルステムが抜けたら,ブラケットを固定している大きなナット(すでに随分ゆるんでしまっていました)を外し,割れたブラケットの残骸を取り除いて、同じ場所に新品をはめます。

このあたりの固定方法や部品構成は,自転車によって違いがありそうです。

f:id:NShufu:20180328154429j:plain

 

ブラケットを固定していたナットを戻します。

f:id:NShufu:20180328154500j:plain

 

ハンドルステムに固定用ボルトを通し,先端にウスをはめてから,フレームに元の位置まで差し込みます。ハンドルステムの赤サビが見えなくなるところまで差し込めば,元の高さになるはず。

ボルトを六角レンチで回し,ハンドルステムを固定します。

 

ブラケットを固定していたネジですが,プラスチック製だと思ったら内側に大きな金属製ナットがはまっていました。それならしっかり締め付けなければなりません。

f:id:NShufu:20180328154423j:plain

長さ25cmの大きなモンキーレンチでもはまらない大きさだったので,いい方法ではありませんがウォーターポンププライヤーで締め付けてしまいました。

 

これでブラケット交換完了です。

ボロボロの自転車なのに,ブラケットだけぴかぴか。

f:id:NShufu:20180328154432j:plain

 

前カゴも取り付けました。

f:id:NShufu:20180328154426j:plain

 

固着している部分にはちょっと手こずりましたが、これは想定内でした。

また1つ自転車に詳しくなりました。