フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、プラスなりゆきで兼業主夫的生活になって25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。記事の内容はその時点の思いつき。現在は考え方が違っているかもしれません。

サバ缶カレー。簡単でいいけど「超・超シーフードカレー!」って感じかな。

 

月に1回ぐらいはカレーを作る私ですが、材料はいつもあり合わせの肉と野菜なので、毎回同じような感じです。

たまに、ドライカレー(キーマカレー)や、ナスやホウレンソウ、豆類を中心にして具材に特徴をつけたカレーを作ることがあるだけです。

 

そんな私ですが、ふと思いつきました。(いつもこれ)

「サバ缶でカレーを作ったことないな?」

 

最近、「サバ缶」の文字がなんとなく頭にひっかかっていたんですよ。

「サバ缶をちらし寿司に入れるとうまい」というネットの記事や、

NHKあさイチでサバ缶が取り上げられたせいか、近所の店で品薄だった」といった書き込みや何かで。

 

というわけで作ってみました。

 

サバ缶カレーの作り方。

 

やったことがないので、いちおうサバ缶カレーの作り方をネットで調べてみると。

park.ajinomoto.co.jp

 

予想通り、普通のカレーの作り方で、サバ缶を入れるだけでした。

上記記事には、

  • サバ缶の水を切る、とか
  • サバ缶をほぐす、

なんて書いてありますが、どちらもスルー。

 

サバ水煮缶には、水にもDHAEPAが大量に含まれています。捨てるなんてもったいない。(普段、サバ缶を使った料理をするときには、缶汁は私が全部そのまま飲んでいます。ちょっとしょっぱいけど。)

 

身は煮ている間に簡単にほぐれるので、わざわざほぐす必要はありません。むしろ、塊として残っててくれた方がいいぐらい。

 

というわけで、普通に野菜を炒め、水を入れて煮つつ、サバ缶を缶汁ごと投入!

野菜が煮えたら固形ルーを入れて完成!

 

普通に肉で作るのと手間は全く変わらないか、むしろ楽でした。

 

完成。 

 

f:id:NShufu:20180310165857j:plain

ニンジンが少なくて、しかも緑色などもないので、非常に寂しい、地味な見栄え。

なぜか豆腐のみそ汁付き。

(賞味期限の豆腐があったので作りました。それに私、なぜかカレーと、だしの効いた豆腐のみそ汁の組み合わせが好きなんです)

 

肝心の、味は?

 

「超・超シーフードカレー!」という感じでした。

サバ缶がものすごく主張しています。結構クセのある感じ。

私としては、これはこれでたまにはアリだと思いますが、人によっては好き嫌いがあるかも。

 

入れたサバ缶が多かったのかな?

それとも、缶汁を入れたからかな? 入れないともうちょっとおとなしい味になったんだろうか。

 

翌日の昼もカレーがお約束。

 

なぜカレーを作ったかというと、翌日の今日が土曜日だからです。

残ったカレーを翌日の昼ご飯にするのがお約束。

 

画像は息子用の大盛りです。サバ缶は完全に粉々になってツナ状になってしまいました。

f:id:NShufu:20180310165846j:plain

見た目はあいかわらずイマイチでしたが、味の方は、サバ缶が昨晩よりもカレーになじんで、「超・超シーフードカレー!」だったのが「シーフードカレー」ぐらいには丸くなっていました。