フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫的な生活になってから25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

あの面倒くさい思春期をもう1回やり直すのか,と憂鬱になった話。

 

親の立場で,です。

 

昔そんな風に思ったことを思い出しました。

 

私が結婚した今からけっこう昔は,まだ「大きな物語」が世の中に残っていました。大学を卒業したら会社に就職するもの,就職したらある程度の年齢で結婚するもの,結婚したら子供を作るもの……というようなレールがまだあったんです。

 

その是非はともかくとして,私もそれに乗っかってレールを進み,30歳になるまでには結婚するため相手を探し,運良く目標を達成しました。(会社員人生のレールからはドロップアウトしましたけどね)

 

次は,じゃあ子供を作るかということで子供を作り,問題なく長男誕生。

 

そして,子供が生まれた頃だったか、そのあといつだったかに,今日のタイトルのようなことを思ったわけです。

 

面倒くさい思春期。

 

私の場合,ステレオタイプの思春期のように親と衝突した記憶は,あまりありません。でもいろいろと中二病的にこじれ,こだわり,うつうつと悩み,感情のコントロールに苦しみました。

社会の規範意識が今よりもはるかに緩い時代でしたが,今から思うとずいぶん危なっかしいこともやりました。

現在なら一発アウトになりそうなことも。

 

そんな過程を,今度は子供の親という立場と責任で,もう1回最初からやり直さなければならない。一体どんな罰ゲームなんだろうと思ったものです。

 

それでどうなったか。

 

幸い,ウチの子供らはどいつもこいつもできた子供らで,何事もなく大きくなりました。2人はすでに大学に進学して家を出ており,3人目ももう高校2年生。疾風怒濤の思春期も終わったようなものです。

 

f:id:NShufu:20171126163316j:plain

 

子育て,やってみれば何とかなるよ。

案ずるより産むが易し。

……なんて簡単に言えることだとは思いません。

何が起きるかわからないのは,子育ても人生も同じでしょうから。

 

でも自分なりに頑張れば,一生懸命やれば,それなりの結果はついてくるはず。

大変な思いをするかもしれないけれど,その分の見返りもきっとあるはず。

 

家の中で無邪気にきゃっきゃっはしゃいで踊っていた子供が,思春期の難しい年代になった今でも,私の話にときどき口角を少しだけ上げてにやっと笑ってくれる,そんなささいなことが嬉しくてしょうがない私です。

 

そんなことを,下のブログ記事を拝見して思いました。

www.elep-peace.com