フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫的な生活になってから25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

女児の思春期早発症の話。低身長の原因になることも。

 

 

※以下は個人的な体験談に過ぎません。私は医学の専門家ではありませんので、お子さんの健康について何か不安がある場合は、専門の医療機関に相談してください。

 

思春期早発症という病気があります。

通常よりも低年齢で思春期が始まってしまう状態です。

10年以上前のことですが、記憶をたどって書いてみます。

 

きっかけは、担任の先生からの助言。

 

PTAの用事で学校に行っていた日のことです。

ちょうど廊下で行き会った娘の担任の先生から、話しかけられました。

※PTAで学校に日常的に行っていると、先生とよく話ができるというメリットがあります。

 

「そういえば娘ちゃん、胸がふくらんできたみたいですよ。ブラジャーとか考えてあげた方がいいかも。」

 

いつのことだったか正確には覚えていませんが、他の記録から推定すると、娘が9歳になる直前、小学3年生の春だったのではないかと思います。

 

発育,早過ぎじゃない?

 

小学校3年になったばかりで胸が大きくなり始めた? ちょっと早過ぎじゃないか?

そう思って調べてみました。

すると。

  • 第二次性徴期に特に大きく成長する時期がある(成長スパート期)。
  • 思春期が早く来てしまうと成長スパートが早く始まり、そのぶん早く終わってしまって、結果的に低身長になることがある。

ということがわかりました。

 

(参考)

こどものこころの問題|慶應義塾大学病院 KOMPAS

小児の内分泌の病気(低身長など)|慶應義塾大学病院 KOMPAS

 

そのとき、娘の成長曲線を描いて考えたように記憶していますが、当時描いたグラフは残っていません。

なので、当時の身長データから、上記サイトのグラフ画像を使って改めて成長曲線を描いてみました。

f:id:NShufu:20170916220703j:plain

(クリックで拡大されます)

赤のグラフが治療前のもの。8~9歳あたりでグラフの勾配が急になり、成長が加速していたことがわかります。

後から思うと、この時期、娘は目に見えて痩せてきていました。これは体重が減ったのではなく、体重増加よりも身長の伸びの方が大きかったのでしょう。1年で10cmも伸びていたんですから。

 

専門医を受診。

 

長スパートが早く始まり早く終わってしまって、低身長になるのではないか。

そんな心配から、専門医を受診することにしました。

 

幸い、総合病院で小児内分泌外来も担当している専門の先生が、市内で小児科を開業していましたので、その先生に診てもらったんです。

 

その結果、手のX線像(骨の成長段階)、血中ホルモンの検査、身体所見などから、思春期早発症と診断され、性腺の発達を抑える治療を行うことになりました。

 

(参考)

思春期早発症 | 一般社団法人日本内分泌学会

 

治療は、性腺の発達を抑えるリュープリン(リュープロレリン)という薬の月1回皮下注射です。これを小学校を卒業するまで続けました。

 

治療の結果。

 

治療期間中のグラフは、上記グラフののオレンジ色の部分です。

グラフの傾きがゆるやかになっています。正直なところ、これが治療の効果なのかどうかはわかりません。治療していなくても大差なかったかもしれないし,治療していなかったらグラフがもっと早く横に寝てしまい,最終身長が低くなったかもしれません。

 

リュープリン注射による治療は小学校卒業時に終了。13歳からの黄緑色のグラフが、治療が終了してから後のデータになります(学校での測定結果なので、時期と数値には誤差があります)。

 

身長はゆるやかな伸びが続き、高校3年には約160cmに。

こうしてみると,8~9歳の成長スパートが始まる前に娘がいた位置(グラフの範囲のだいたい真ん中,平均的な身長)におさまったことがわかります。

初潮(初経)も、中学1年の終わりに無事に来ました。

 

その後、娘は何事もなく大きくなり、現在は大学に通っています。

 

こんなこともあるよ、というお話でした。

この記事をご覧になった方の何かの参考になれば幸いです。

 

※こんなことを書いてるのが娘にバレたら怒られるかな? ごめん!書いちゃった!