フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫的な生活になってから25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

いつ昼ごはんかわからないときに助かる「水漬けパスタ」。小さい鍋で、短時間で茹でられます。

 

 

子供の昼ご飯問題、なかなか解放されません。

何が問題かというと、「いつ食べるのかわからない」んです。

 

長女の場合:一度出かけると鉄砲玉。いつ帰ってくるかわからない。12時前のことも2時過ぎのことも。

末っ子の場合:午前中の部活からいつ帰ってくるかわからない。12時半のことも1時のことも。昨日の土曜は2時でした。

 

なので、貴重な昼食メニューの1つである、麺類が使いにくい。時間がわからないと、作って置いておくわけにいきませんから。

 

でも、そんなとき「水漬けパスタ」が2つの面で助かります。

 

水漬けパスタとは?

 

スパゲティをあらかじめ水に漬けておくんです。そうすると、いろいろ便利です。

 

私は、電子レンジでスパゲティを茹でるための容器に入れています。近所のドラッグストアの安売りで、100円で買ってきたものです。

 

こんな感じ。水の量は適当です。

f:id:NShufu:20170514145026j:plain

 

漬けておく時間は1時間以上。下は2時間経ったところです。

f:id:NShufu:20170514145117j:plain

途中で水を少し足しましたが、ずいぶんふやけています。

 

この状態で熱湯に入れてゆでると、1分でゆであがるんですよ。

 

2つのメリット。

 

短時間でゆでられるので、急な昼ご飯にもスパゲティを出せる。

 

ゆでるためのお湯が少なくて済むので、「あっ帰ってきた!昼ご飯!」というときにも、すぐに食事を用意できます。

それは、

  1. お湯を沸かす時間(=スパゲティを鍋に入れるまでの時間)が短くて済む。
  2. 茹でる時間(=スパゲティを鍋に入れてからの時間)も短くて済む。

のダブルの効果です。

乾麺からだと、ゆでるためのお湯を沸かすところから茹で終わるまで時間がずいぶんかかりますからね。

 

鍋が小さくて済む。

 

スパゲティは長いので、茹でる鍋に結構困ります。

でもこの方法だと、茹でる前の段階ですでにぐにゃぐにゃ!

 

f:id:NShufu:20170514145500j:plain

こんな状態なので、小さい鍋にもかんたんに入ります。

鍋に入れた次の瞬間にはもうこんな感じ。こんなに少ない水でも十分茹でられます。

f:id:NShufu:20170514145555j:plain

 

そうやって、別に作っておいたソースと絡めればできあがり。

 

ところで、味はどうでしょう?

ネットをみると、「もちもちでおいしい」といった感想が多いようですが……。

私は正直、乾麺から直接茹でたときの食感の方が好きです。

 

 

昨日はナポリタンにしました。またか……。

末っ子用大盛りです。

 f:id:NShufu:20170514145758j:plain

 

関連記事:

久しぶりにスパゲティミートソースを作りました。

スパゲティ・ディスペラート、絶望という名のスパゲティ。

でも作る側・食べさせる側としては,いろいろなものをたくさん食べさせたいという気持ちも。