フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫的な生活になってから25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

大学生の娘が下宿先から帰ってきたので、コーヒー・くるみパン。

 

「パン焼き器(ホームベーカリー)でこんなパンを焼きました」シリーズ。

(そんなのない)

いままでいろんな残り物の食材をパン焼き器に投入してきた私。

(たった今、「残パン」(ざんぱん)という言葉を思いつきました……)

 

 

でも今回はめずらしく、「残パン」ではありません。

非常にまとも。

しかも高級食材!

 

 

f:id:NShufu:20180316162828j:plain

クルミです。業務スーパーで300g入り598円+税=645円。

 

事前にスーパーで市場調査した結果、比較的大容量のクルミは100gあたり200円前後が相場の様子。なので、さすがの業務スーパーでもあまり安くはないみたい。

 

でも645円。1袋でこんな値段する食料品を買うのは、せいぜい肉の大容量パックぐらいかも? というぐらいの高級さです(自分基準)。

 

なぜそんな高級品(自分基準)を買ってきたかというと、……まあ、気分で。

 

大学生の娘が春休みで下宿先から2、3日帰ってくるというので、ちょっといいパンでも焼こうかと。

ただそれだけのことです。

 

コーヒー・くるみパン。

 

コーヒーとくるみを入れたパン。

初代パン焼き器付属のレシピには、「コーヒージャワ」という名前で載っていました。

普通のパンの配合よりもマーガリンを少し減らし、インスタントコーヒーを大さじ1~1.5杯、それに粗く刻んだくるみを50~60gぐらい(ぶどうパンに入れるレーズンと同じぐらいの量)。

最初に材料を入れたら、あとは機械任せで焼くだけです。

 

完成。

 

できあがりました。

f:id:NShufu:20180316163540j:plain

コーヒー色の茶色いパンです。

 

断面には、ちゃんとくるみのつぶつぶが見えます。

f:id:NShufu:20180316163608j:plain

 

これは、私がおかしなものを入れて作る変なパンではないので、ちゃんとおいしい。

おいしいはず。

今回まだ私は食べてないので。

 

断面画像があるぐらいですからパンをもう切ったのに、なぜ食べてないかって……?

前日までの、何も入っていない普通の食パンがまだ残ってたんですよ。

なので、私はまずそっちを食べました。

 

残り物はまず自分が食べる。

料理する立場の人間はみんなそうですよね……?