フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫的な生活になってから25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

働いて稼ぐか、投資をするか。どっちも必要。

 

昨日はこんな記事を読みました。

www.yutorism.jp

 

学校で教わらないこと、教えるべきこと、軽く流されていることなど、その通りだと思います。

 

最初の方にあった、

大半の日本人が生涯を通して得られるお金は、資産運用の結果よりも労働を通して得られる額のほうが大きい。

も、その通りでしょう。

 

今回は、投資について少し書いてみます。

 

投資よりも、自分が働いた方が(とりあえずは)早い。

 

例えば、(投資元本がいくらかは別として)

  • 投資で毎月3万円の利益をコンスタントに上げる。
  • 働いて毎月3万円分の給料を稼ぐ。

のどちらが簡単かというと、かなりの場合は後者になるはず。

投資でトータルして利益を上げ続けるのは、結構難しいです。しかも、長期にわたって利益を上げ続けることができなければ、意味がありません。

 

「お金に働いてもらう」投資よりも、「自分が働く」ことによる収入の方が、「とりあえずは」「てっとり早く」「確実に」お金が手に入るんです。なので、まずはしっかり働くのが第一。

 

投資元本が少なければ、投資の利益もわずか。

 

例えば10000円を投資に回して、年3%の利益が得られたとしましょう。

つまり、利益は、税金等を無視すると1年間で300円。

この程度の利益を出すために、元本を減らしてしまうかもしれない危険を冒したくないという気持ちは、もっともかもしれません。

 

では投資はしなくてもいい?

 

では、その程度の利益しか出ないのなら投資のことは考えなくてもいいか? というと、私はそうは思いません。

上記は投資元本が少ないときの話。もしずっと後になって、100万円も500万円も、あるいは1000万円も投資に回せるようになったらどうでしょう?

 

そうなってから初めて投資をしますか?

 

1000万円を3%で運用できれば、1年間で30万円のプラス。

でも、最初からそうはうまくいきません。経験がないと大抵、失敗しますから。

大量に退職している団塊の世代に対して「退職金を投資に回すのはやめておけ」というアドバイスが多いのは、このためです。

 

ですから、投資元本がむしろ少ないころから、いろいろな投資を練習しておく方がいいのです。利益も小さいですが、損も小さいですから。

それに、投資には本当にさまざまなものがあり、自分に合うか合わないか、向いているのか不向きかがあります。

 

将来のもう1つの収入源として。

 

そうやって練習しておけば、ある程度の額を投資に回せるようになったときには、大きな失敗をせず多少の利益を出すことができるようになっているでしょう。よく言われるように、「時間を味方につける」こともできます。

将来、本業とは違うもう1つの収入源にできるかもしれません。

 

ウチの子どもらには、「しっかり働け、そして若いうちから投資の勉強もしておけ」と伝えておこうと思います。

 

f:id:NShufu:20161123203644j:plain