フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫的な生活になってから25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

当時、会社員の妻と在宅フリーランスの夫(私)の組み合わせは最強だと思った。

 

昨日はこんなブログ記事を読みました。

momonestyle.com

 

奥さんがフリーランスになって、

  • 休みが合わなくなった。
  • 奥さんの収入が増えた。

といった理由で、最終的に離婚に至ってしまったということです。

これを読んで、昔のことを思い出しました。

 

会社員妻と在宅フリーランス夫。

 

結婚して10年以上、会社員妻と在宅フリーランスの私という組み合わせでやってきました。(妻は現在は転職し、当時とは別の会社に勤めています)

妻の当時の勤務先は大企業の関連会社で、福利厚生が充実。有休も取りやすく、フレックスタイム制も採用していました。育休もきっちり3人分取得できました。

 

この妻と夫の組み合わせ、最先端で最強じゃないかと当時思ったものです。

会社員の福利厚生とフリーランスの自由度のいいとこ取り、というわけです。

そのほかにも。

 

保育園入園時。

 

今から20年以上も前のことなので、地元でも現在は状況が変わっているのかもしれません。

でも当時、子どもの保育園入園に全く問題がありませんでした。

 

妻はフルタイム勤務。

私は当時猛烈に忙しかったので、フルタイムで仕事をしていると自己申告。

これで、スムーズに入園できたんです。

これが、「会社員夫・在宅フリーランス妻」の組み合わせだったら、こうはいかなかっただろうなと思いました。たとえば、祖母・祖父が同居の場合の調査項目も、祖母と祖父の場合で違っていましたしね。

 

実際に入所しやすかったのかどうか、本当のところはわかりませんけどね。地方都市なので、そもそも当時、待機児童がいたのかどうかも不明です。

 

住宅ローン。

 

妻が会社員だったので、妻名義で住宅ローンを問題なく組むことができました。

フリーランスの立場ではローンを組むことができなかったかもしれません。

一方、私も収入はありましたから、家は妻と私の共有名義にし、贈与にならないように頭金やローン返済の負担記録を通帳などに残すようにしました。

 

でもやっぱり時間の融通が利くメリットが一番。

 

これは非常に大きい。在宅フリーランスの私は、1~2時間あるいは数時間程度なら、いくらでも時間の調整ができるんです。「できないことはない」と豪語したくなるほど。

保育園の呼び出しにも対応しやすかったし、水ぼうそうなど長期の休みも、妻の有休と組み合わせて全部乗り切ることができました。

 

ただし、休日が合わないのは結構深刻。

 

冒頭のブログ記事にある通り、夫婦で休日が合わないというのは地味に深刻です。

会社員の立場だと、「週末は当然休み」という感覚になります。

でもフリーランスの立場だと、「仕事がないときが休み」「仕事を入れないときが休み」みたいになりがち。

これが蓄積すると、家庭内がぎくしゃくすることにもなりかねません。

これからの方は、気をつけてください…。

 

f:id:NShufu:20170823165921j:plain