フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

セラミック砥石を買いました。包丁、うまく研げるかな。

 

会社を退職して1人暮らしを始めたころ、自分用の包丁と砥石を買いました。それまでは自分用のものはなかったんです。

 

三徳包丁よりも、先がとがって刃渡りが長い牛刀の方がなんとなく好きだったので、ステンレスの牛刀を買いました。砥石は、そのときに刃物屋さんに進められた普通の中砥。

 

そしてそれから20余年。年に1度も研がないのに(!)、砥石もいつのまにか弯曲してきました。

 

f:id:NShufu:20170704222828j:plain

画像だとわかりにくいですが、真ん中がへこんでいます。

それに当初から、なんとなくうまく研げないんですよね。

 

そんな昨今。最近は「セラミック砥石」というものがあるらしい。

というか、日テレの「ヒルナンデス!」で見たんですけどね。

いやもっと正確に言うと、「ヒルナンデスで包丁研ぎやるから見て!」と仕事先の妻からメールが来たんですけどね。暗に、もっとちゃんと研げという指令です。

どうやら、普通の合成砥石よりも研ぎやすいらしい。

 

そんなわけで、ネットで色々調べて買いました、セラミック砥石。

f:id:NShufu:20170704223312j:plain

 シャプトンというメーカーの「刃の黒幕」オレンジ(1000番)。

メーカーのサイト がとにかく見にくくて情報も少ない。なんとかしてほしい…)

 

ネットを検索したところ、1000番がいいとか1500番がいいとか1000番と4000番の2つがいいとかいろんな意見が飛び交っていますが、

私は超初心者。

包丁が切れるようになればいい。ピカピカに美しい刃物にしたいわけではない。

という基準で、多少荒めの中砥である(従って刃がつきやすいはず)、オレンジ(1000番)を買いました。

 

紙製の帯にはこんな風に書いてあります(クリックで拡大)。

 

f:id:NShufu:20170704223754j:plain

 

オレンジのプラスチックケースは砥石を載せる台になり、ゴム足付き。

f:id:NShufu:20170704223932j:plain

 

中に入っている砥石を出して上に載せるとこんな感じになります。

f:id:NShufu:20170704224044j:plain

 

研ぎ方の説明のようなものはついていません。自分で調べるしかないですね。

「あらかじめ水に漬けなくても研げる」という話でしたが、説明によれば4~5分漬けておいた方がよく研げるらしい。

今回は、水を掛けただけで研いでみました。

 

研いだ結果は?

 

研ぐ前の刃。

f:id:NShufu:20170704224403j:plain

研いだ後。

f:id:NShufu:20170704224432j:plain

全然わかりません笑。

少なくとも、一部レビューであった「傷がつく」といったことは、実際には全く気になりません。

 

切れ味は?

 

研いだ後の刃を指で触った感触(指の腹を剃るように動かしたときの感じ)は、チリチリチリと切れそうな感じです。

 

実際に野菜を切ってみても、普通に切れるようになっていました。

 

========

 

あらかじめ水につけておかずに研げるのであれば、そのぶん気楽に研げそうです。

砥石って結構大きい(長い)ので、水につけるのが地味に面倒なんですよね。

 

これからはこの砥石で、もう少しマメに研ぐようにしたいと思います。

 

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

 

 

広告を非表示にする