フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

カタツムリが減少しているらしい。

 

 

6月といえば、梅雨。

梅雨といえば、アジサイ

f:id:NShufu:20170627165042j:plain

 

そして、梅雨にアジサイといえば、やっぱりカタツムリですよね。

 

カタツムリ、最近見たのはいつですか?

 

カタツムリ、最近見たのはいつですか?

あれ? そういえば? 最近見かけない……

 

カタツムリ、最近減少しているそうです。

たまたま横浜市環境創造局のページがありました。

横浜市 環境創造局 【記者発表】外来種のリスが生息域拡大か 小学生1万人調査で明らかに

近年、姿を見ることが少なくなったとも言われるカタツムリですが、今後の減少が懸念されます。

とのことです。

 

環境変化に弱い、カタツムリ。

 

カタツムリは移動距離が短いので、生育環境が変化するとその場所では絶滅してしまうという話を聞いたことがあります。乾燥し続けると生きていくのが難しいのかも。

 

そこで、わずか5m四方程度のウチの庭ですが、少し探してみました。

 

その結果……

見つかったのは、古い死骸ばかり。

 f:id:NShufu:20170627165741j:plainf:id:NShufu:20170627165829j:plainf:id:NShufu:20170627165931j:plain 

死屍累々。

1cmに満たない、真っ白になった殻がいくつかみつかりました。これはきっと10年以上経ったものではないかと思います。もっと小さいものも、きっとあちこちにあるのでしょう。

 

農薬や除草剤、殺虫剤の類を全く使っていない庭なのに、このありさま。

乾燥した環境なのがいけないのかな?

草むしりをするのをちょっと考え直そうかな? などと考えてしまいました。

(体のいいサボり理由)

 

キュウリを食べさせればきれいな緑色のふん。

にんじんを食べさせればきれいなオレンジのふん。

観察ケースの壁を這わせれば、波状の足の様子がよく見える。

口の様子も観察できたかも。

 

子どものころ、そんな風に飼ってみた記憶があります。

昔は身近だったんですが、現代はそうでもなくなっているのかもしれません。

 

もう少し大きな公園を探してみようかな。

ナメクジならたくさんいるんだけどなあ……。