フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

「初潮(初経)と赤飯」問題,ウチ(私 / 娘)の場合はこうでした。どうすればよかったんだろう?

 

 今日はこんな記事・ツイートをみかけました。

 

 

やはり,されて嫌なことは,親といえどもやっちゃダメですよね。

特に,こういう注意が必要なことがらですから。

 

「初潮(初経)と赤飯」問題,ウチではどうしたか。

 

では,そういう私はどうしたんでしょう?

 

……

 

炊きました。

私(父親)が。

 

娘の初潮(初経)は,小学校6年か中1ぐらいの頃だったと思います。

日中のことだと思うので妻は不在の時間帯のはずですが、娘から私に直接報告があったのかどうか? 記憶がはっきりしません。

でも,全く何も言われなかったという気もしません。

おそらく,娘のことなので,「…………来た。」ぐらいは言ってくれたのではないかと思います(想像)。

 

それで私はどうしたか?

 

私は男なので女性の気持ちの本当のところはわかりませんが,生理は女性が長期間つきあう大切な体のしくみだし,「コソコソ隠さなければいけない恥ずかしいこと」にはしたくありませんでした。

なので、当然のように「赤飯炊こう!」と思ったわけです。

娘に「赤飯炊いてもいい?」とは聞かなかったように思います……。

 

ちゃんと小豆やささげを買ってきて作るのではなく,最近よく売られている「赤飯の素」で作ってしまいました。

 具体的に何だったかは忘れましたが,こんな感じの製品です。 

井村屋 お赤飯の素 230g

井村屋 お赤飯の素 230g

 

 

では,そんな赤飯に対して娘がどんな反応をしたか?

 うーん,憶えていません。

 

当時中学生か高校生だった長男が赤飯を見てどう反応したかも、憶えていません。

きっと何事もなく,とはいうもののまるっきりオープンというわけでもなく,小さかった末っ子以外は全員,食卓では暗黙の了解で赤飯を食べたのではないかと思っています。娘も特にそれでどうこう,ということはなかったはず。

 

その後も,例えば生理用ショーツやブラを洗濯後に干したり,取り込んでたたんで子ども部屋に戻すのは私ですし,胃腸の弱い娘が「お腹が痛い……」なんていう時には「それって腸の方?それとも生理?それによって薬が違うよ」なんていう会話も、わりあい普通にできています。

 

今,私ならどうする?

 

私 / 娘の場合,特に問題はありませんでしたが,ではどうすればもっとよかったんでしょうか。

 

娘に聞く。

私は「赤飯炊きたい派」なので,「これこれこういう習慣があるんだけど,炊いてもいい?」と確認すべきだったでしょうね。

それで娘がイヤだと言ったらやってはいけないし,いいよと言ってくれれば炊けるわけです。

「別に赤飯炊かなくてもいい派」なら,確認する必要はないでしょう。あるいは,「こういう風習があるけど,私はどうでもいいと思うから炊かないよ」と説明するとか。

 

生理が恥ずかしいものでも隠すべきものでもないことを伝える。

女性にとって,生理は体のリズムそのもの。嫌なこと,恥ずかしいことと思っていてはつらいだけではないでしょうか?

赤飯を炊かないにしても,体の成長を親が喜んでくれたという記憶が残った方がいいのでは?と思います。普段からの親子のコミュニケーション状況や子どもの性格にもよるでしょうが,言葉でそういう気持ちを伝えてはどうでしょうか。

 

それに,これを機会に子どもには自分の体を理解してほしいし,何より「具体的にどうしたらいいか」という知識が必要です。例えばナプキンをどう持っていればいいのか?とか,そういう現実的なことですね。

私は,そろそろ初潮が来るかな?という時期に『セイリの味方スーパームーン』という本を娘に渡しておきました。今は,このような小学生向けの書籍も増えていると思います。

 

セイリの味方スーパームーン―生理なんでもハンドブック

セイリの味方スーパームーン―生理なんでもハンドブック

 

 

 ところで,男子も結構大変です。

 

女性は毎月大変なのでしょうが,実は男子 / 男だって結構大変なんですよ。

末っ子(高校生男子)には,この本を「これも必修科目ね!」と渡しておきました。 

マンガでわかるオトコの子の「性 」

マンガでわかるオトコの子の「性 」

  • 作者: 染矢明日香,村瀬幸浩,みすこそ
  • 出版社/メーカー: 合同出版
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る