フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

「かわいい子には旅をさせよ」みたいなことを、やってきたかもしれない。

 

昔から、長期の休みには子どもをいろいろな活動に参加させてきました。

 

夏休みなどの長期休みに、デイキャンプ(朝集合して1日どこかで活動し夕方解散)や泊まりのキャンプ(2泊3日ぐらい)を開催している団体が近所にあったので、長男や長女は保育園の年長のころから参加させてきました。

私にとっては、当時猛烈に忙しかったので、小学生になってからも日中預かってもらえるのが有難かったというのも正直なところです(学童は利用していなかったので)。

 

その団体の活動、参加している他の子は主催団体と関連のある幼稚園に通う子どもがほとんどでした。ウチの子どもは、友だちや知り合いが全くいない状況です。

ですが、そんな完全アウェイの環境でも、長男も長女もよくやっていたようです。長男は小学校低学年ぐらいまで、長女はアウトドア大好きなので中学年ぐらいまで、そんな単発のキャンプに毎年のように参加していました。

 

長男が小学校低学年の頃には、保育園児だった長女と2人だけで電車に乗せ、私の母のところに行かせたこともあります。電車に乗るところまでは私が見送り、電車に1時間半乗った後で降りるホームには、乗った車両のドアのところまで母に迎えに行ってもらいましたけどね。

 

中学2年のときには、自治体主催の姉妹都市との交換留学の募集があり、長男も長女も10日間ほど海外に行ってきました。ホームステイ先では、長男は別の子と2人1組、長女は1人だけでの滞在。本人たちにとって初めての海外旅行でもありましたが、これまた問題なく過ごして帰ってきました。

 

高校生になっても、旅行というわけではありませんが、長男は1人で新幹線とバスを乗り継ぎ、200km以上離れた1回も行ったことのない町にある大学のオープンキャンパスに行ったりもしていました。

 

そんな昔のことを改めて思い出したのは、この春休みに大学1年の長女が自分で海外旅行に行ってきたからです。それも一人旅

 

「海外旅行? へえー何かのツアーでしょ?」と聞いてみてびっくり。航空券も宿泊先も現地のツアーも、全部自分で手配したというんです。「そういえばそういう手(パックのツアー)もあったねぇ」なんて、最初から自分で手配することしか頭になかった様子。

行った先でも「一人旅? すごいね」などと言われながら楽しんできたようです。

 

あっという間に、自分で好きなように飛び回るまでになってしまったなあと、しみじみしています。

 

エアーズロック(ウルル)。

f:id:NShufu:20170329135821j:plain

 

雨上がりのシドニー、オペラハウス。

f:id:NShufu:20170329135841j:plain

 

※末っ子は? 1人だけ,こういうことに全く乗ってこなかった/嫌がったんですよね……。ちょっと心配ですが,いずれにしろ大学に入ったら1人暮らしです。