フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

抽象概念のつまづきの話。

 

おととい話題になったツイート。

 

 

算数は、日常生活に密着しているように見えて、実は一番基本的な、具体物から抽象的概念への移行を自明のものとしてすっとばしてしまうところがありそう。なので、こういうところにつまづいてしまう方もいらっしゃるのでしょう。

 

「ルール」を前提として、そのルールを決められた通りにいじくることができればいい成績になる。学校の算数や数学には、そういう面があると思います。

 

このツイートを見て思い出したのは、エジソンのエピソードです。

エジソンも1+1ができませんでした。

「1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なの?」と言ったとか。

出典:トーマス・エジソン - Wikipedia

 

ルールを自明のものとしていったん飲み込むことができず、いちいちひっかかってしまう子や、回りのあらゆることに疑問を持ってしまう子は、ある意味すごく見所のある子だと思うのですが、でも待っているのは、正直なところ、イバラの道です。

手厚くフォローされれば才能が見出されるのではないかと思いますが、おそらくは難しいでしょう。

 

親というのはつくづく難しい役回りです。

f:id:NShufu:20170317160330j:plain

Photo by 写真素材 足成

 

広告を非表示にする