読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

『じゃあじゃあびりびり』。子どもが赤ん坊のころ読んだなあ。

子育て

 

今日はこんなニュースが。

www.asahi.com

『じゃあじゃあびりびり』には,子どもが小さいころ(というよりも赤ん坊のころ)お世話になりました。たまたま知人からお古をもらったんです。

 

現物を探したんですが,見当たりません。きっとボロボロになって処分してしまったのでしょう。シリーズものの1つだったんですが,残っていたのは

f:id:NShufu:20170225164805j:plain

『ばいばい』だけでした。

(他には『みんなでね』があったと思います)

 

f:id:NShufu:20170225165044j:plain

f:id:NShufu:20170225165058j:plain

 …というように,動物が「こんにちは」「ばいばい」と繰り返していくだけの絵本。

 

でも赤ん坊ってこういうのが割合好きですよね。

『じゃあじゃあびりびり』は擬音だけの絵本ですが,子ども達はみんな好きでした。

 

キャラクターに走った絵本や,かわいらしくデフォルメし過ぎた絵本は,あまり好きになれません。

年齢が上の子ども向けだと,ひねってあったり皮肉が込められていたりするものもあります。大人にはおもしろいんですが,子どもにはどうだろう? というものも。

 

地味ではありますが,時代が変わっても,特に赤ん坊にはこういうシンプルな絵本がいいのかもしれないなと思います。

お世話になりました。