読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

お金と時間,貯蓄と体験。

 

今日はこんな記事が。

blog.tinect.jp

若いときは,経験を積み重ね,稼ぐ力も身につけるとき

 

若いうちは,少しのお金で印象深い経験ができます。

上記の記事を読んで,「そういえば,いままで食べた中で「これはうまい!」と思った食べ物って何だったかな…」と考えてみました。

真っ先に思い出したのが,大学1年のとき大学そばのミニストップで食べたパストラミサンド。昔はそれぞれの店で作って売られていました。あれはうまかった(というか,「うまかった」という35年前の記憶が残ってる)。ほんのささいな贅沢です。

 

あれから35年。

 

在宅フリーランス兼業主夫という引きこもり生活を長く続けてきたおかげで,何を食べても特にうまいと思えず,「ふーん」で済ませてしまうようになってしまいました。

でもそんな私でさえ,20代はわざわざ遠出までして飲み歩いたりしたものです。そのおかげで結婚相手も見つけられたし,費用と時間をかけて転退職の準備をしたおかげで,現在があります。

 

若いときの貯金額自慢はナンセンス。

 

上記の記事の中で,40代平均444万円の貯金が「こんなにもたくさんのお金」なのかどうかには,教育費や老後のことも考えると異論もあるでしょうが,私も,例えば「20代で預金残高1000万円」みたいなことはナンセンスだと思っています。

 

そのお金を他にまわせば,将来にわたってもっと稼げるかもしれない。

そのお金を有効に使えば,得がたい経験ができるかもしれない。

それをせずに,貯めているということですから。

もちろん,全部じゃなくていいんです。ギャンブルをする必要はありません。

 

 「普通」であることは無理。

 

上記の記事では「お金は傾斜をかけて使うべき」と書かれています。

私も賛成です。

 

使い道には絶対にメリハリが必要。

欲求には限りがありません。どんなことにもまんべんなく使うことは不可能。

 

そして,「普通」であることにも意味はないと思っています。

 

Aさんの普通とBさんの普通とCさんの普通は,違います。

それなのに,AさんとBさんとCさんと……の最大公約数……ではなく最小公倍数の普通を目指すのは絶対無理。

そんな「現実にどこにもない普通」を追い求めてもしょうがありませんし,第一,そんなの面白くありません。

 

私は,必要ないものには1円だって使いたくないと思っていますし,必要なことにはいくらでもお金をかけるつもりでもいます。……いや,「いくらでも」は言い過ぎか。

 

今の私について言えば,着るものにも食べるものにも全く執着はありません。服は,はたからみて不快感がなければ十分だし,食事だって,栄養に問題がなくてそこそこの量があれば十分。

 

では何にお金を使っているのか?

今は,子どもです。

 

いろいろなところに行って,いろいろな経験をして,いろいろな人に会うこと。

 

大学生が2人いますから,その学費と仕送りが大きな支出になっています。

この生活があと数年は続く予定。

 

仕送りは最低限の生活ができる額を送っていますから,子どもには「生活費をまかなうためのアルバイトなら,する必要はない」と言っています。

 

ただし,

  • 将来の仕事に関係のあるアルバイトなら,やってみた方がいい。
  • 時間とお金が使えるうちに,いろいろなところに行き,いろいろな経験をし,いろいろなものを見,いろいろな本を読み,いろいろな人に会い,いろいろな話を聞け。

と言っています。

実行するかどうかは子ども次第ですが。

f:id:NShufu:20161226213533j:plain

 

広告を非表示にする