読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

リスクを取らないリスク。

 

ときどき思うことがあります。

 

もうちょっと違うやり方があったかなあ。

あのときもう少し違う風にやっておけばよかったかなあ。

……弱気になった時ですね。

 

一方で,強気のときもあります。

あのときこうやっていたから今の自分がある。

オレは結構,頑張ってやってきた。

……なんてね。

 

そんなときいつも思い出すのが,『風の谷のナウシカ』の中のセリフ。

マンガの方ですが,今は"トルメキア戦役バージョン" と呼ばれているようですね。

 

超常の力を持つ"皇弟"ミラルパが絶大な権力をもつ影で,雌伏し時が満つるのを待っていた皇兄ナムリス。その時が来たとみるや,皇弟を殺して帝国の全権を掌握する,その場面で,こんなことを言っています。

f:id:NShufu:20170126213339j:plain

 

俺はリスクをとってきた。

そんな自負の表れでしょう。

 

リスクを取るか取らないか。

 

リスク,危険性を恐れてなにもしないと,そのこと自体がリスクになります。

選択しないということは,ありえません。

「リスクを取る」か,「リスクを取らないというリスクを取る」かのどちらかです。

結果がどうなるかは,後になってみなければわかりません。

 

自分の選択を最善のものにするために。

 

選ぶ前の「どの選択が最善か」ばかりに気を取られるのではなく,

選んだ後に「この選択が正解だった」と思えるように努力するのが大切だということですね。

 

チェコの小説家ミラン・クンデラは,子どもだろうが老人だろうが,誰にとっても人生は初めて経験することの連続であり,そういう意味で人間の世界は未熟の惑星なのだ,という意味のことを言っています。

そもそも,過去を生きたオッサンの言うことは,現代ではアテになりません。

生存バイアスだってありますしね。

 

リチャード・バックの『イリュージョン』(村上龍 訳の方)に出てくる「救世主入門書」の最後には,こう書いてあるそうです。

 

「このテキストほど無責任な本はない。

この本に書かれてあることを

信じない方がいい。

書かれていることは全て逆の意味かも知れないから。」

イリュージョン (集英社文庫 ハ 3-1)

イリュージョン (集英社文庫 ハ 3-1)

 

 

関連記事:

生存バイアスに注意!

「どんなときも幸せに生きなさい」と命じられたらどうする?

 

 

広告を非表示にする