読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

クリスマスケーキは子どもにデコレーションさせよう。

子育て ごはん

 

もうすぐクリスマス。

「クリスマスのごちそう」、どんなメニューにしますか?

クリスマスケーキはどうしましょうか。

有名ケーキ店、あるいは近所のおいしいケーキ屋さんもいいかもしれません。

 

でも。

 

お子さんがいるなら、子どもにデコレーションさせてみましょう。

そういうことを大喜びでやる時期も、限られていますからね。

 

この時期スーパーで売っている丸いスポンジ台や、ロールケーキなどをベースにして、イチゴなどのフルーツ、ホイップクリーム(紙パックのものを泡立ててもいいし、ホイップ済みのものもチルドや冷凍で売られています)、各種オーナメントやお菓子などを用意すれば、あとは子どもにおまかせ!

 

ウチの過去の画像を探してみました。

 

f:id:NShufu:20161219163249j:plain

2006年。こういうのが一番好きな長女が9歳、末っ子6歳のときです。

ちゃんと、普通に出来てますね。きっと妻が手伝ったんでしょう。

ホイップクリームは、白いのとチョコの2色になってます。

 

f:id:NShufu:20161219163401j:plain

2007年。これもちゃんと、普通にできてます。

 

f:id:NShufu:20161219163557j:plain

2009年。これも普通。毎年結構ちゃんと作ってたんだ?

 

……なんて思っていたら……。2008年。

f:id:NShufu:20161219163458j:plain

なんだこれは?

 

ロールケーキをベースに、イチゴやらキウイやらのフルーツを散らし、きのこの山を立てて、さらに「小枝」をぶっ刺してあります。子どもがわいわい大喜びしながら作った様子が目に浮かびます。

 

こういうものは、お店じゃどうやったって買えません。

子どもが小さいころに、絶対やるべきです。

 

写真をたどってみると、2010年、長女が中1、末っ子が10歳になった年から、ケーキはずっと既製品になっているようです。子どもの年代的にも、そういう時期かもしれないですね。

 

今は子どもも末っ子1人になり、ホールのケーキがなかなか食べ切れない人数になってしまいました。

 

広告を非表示にする