読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

『自分の時間を取り戻そう』ちきりん 著 を読みました。

フリーランス 子どもたちに聞いてほしいこと

 

また苦手な読後感を。

今日はこれです。

f:id:NShufu:20161214171235j:plain

 

自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

 

 

ざっくり言ってしまうと、

  • 貴重な資源(時間、お金)の投入量に対する成果量の割合(生産性)を常に考え、高めよう
  • 今後は生産性の低いものからどんどん淘汰されていく
  • 成果を上げるために無自覚に資源を投入し続けるのはやめよう
  • 生産性を高めるためには、
    • 自分にとっての価値が何かをつきつめて考え、それに優先順位を付けよう
    • 生産性を高めざるをえない環境を作ろう
    • 不必要なことに資源を割かないようにしよう

 という内容です。

 

  • 効率よく仕事や家事をするために一生懸命頭を使う

のは、ちょっと大変そうかもしれませんが(でももちろん、それをやれば自分の能力が上がります)、

  • やらないことを決めてすっぱり割り切る

ことなら割合ラクにとりかかれそう。

  • そうせざるを得ない環境に自分を追い込む

という方法も、なるほどと思いました。意図的に「火事場の馬鹿力」を発揮させる作戦ですね。

 

私も、

「全部自分でやるほど人生は長くない」とか、

「全てのことを「人並み」にやることに意味はない」とは、以前から思っていました。

死にそうなほど忙しかった20年ぐらい前にこの本があれば、もっと参考になったかな。

 

特に、「フリーランスは、先に休みの予定を入れてしまわないと休めない」という最後のエピソードには全く同感。

同じことは、『「とりあえず、5年」の生き方』にも書かれています。一番大切なものに費やす時間・予定をあらかじめ決めてしまわないと、それに時間を割くことはできない、と。この本もおすすめ。

「とりあえず、5年」の生き方

「とりあえず、5年」の生き方

 

 

今の私について言えば、そもそも

  • 自分にとって一番大切な資源は何?
  • 自分は一体何をしたいの?

なんてことから考える必要がありそうです。

 

関連記事:

連休や年末年始は在宅フリーランスの稼ぎ時??

フリーランスは「働き過ぎ」に注意。

 

 

広告を非表示にする