フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

ハンバート ハンバートの「ぼくのお日さま」という曲。吃音(どもり)のある人の気持ち。

 

今日はちょっといつもと違う感じの記事を。

2016年11月23日放送のNHK Eテレ「オイコノミア」を見ていたら、番組の中でハンバート ハンバートというデュオのミニライブがあったんです。

 

nshufu.hatenablog.com

 1曲だけだったんですが、その「ぼくのお日さま」という曲がとてもよかった。

私はこのグループも知らなかったし、もちろんこの曲も初めて聴いたんですが、たまたま耳にしてすごくラッキーでした。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

YouTubeに動画もありますが、今回の放送の方がずっとよかった。

バックバンドがない、ギター1本と2人の歌声だけ。

そのぶん余計に、声が、歌詞が、ダイレクトに響いてきます。

 

「僕はことばが うまく言えない はじめの音で つっかえてしまう」

 

佐野さんの伸びやかな声で、最初からぐっと引き込まれます。

 

「こみあげる気持ちで 僕の胸はつぶれそう」

 

サビの部分では佐藤さんの声が重なり、心に訴えかける叫びのように。

 

私自身は吃音があるわけではありませんが、吃音(どもり)のある人の気持ちがよく表れているのだろうと思います。

吃音についての歌って他にあるんでしょうか。私は音楽には全くうといんですが、いままで全く記憶にありません。

 

たまたま聞くことができて本当に運がよかった。

ここ数日、頭の中でこの曲がぐるぐるぐるぐる、ヘビロテしています。「ディラン効果」とか「イヤーワーム」とか呼ばれるアレですね。

 

公式ツイッターでは告知されていましたが、ファンの方は見られたのかな?

見逃した方は、地団駄踏んで悔しがっているかも。

 

関連記事:

改めて知ってほしい、どもり(吃音)のこと。

たくさんの人に読んで欲しいマンガ,『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。