読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

スパゲティ・ディスペラート、絶望という名のスパゲティ。

 

天気が悪いと1日中眠くて、気分もすっきりしません。

 

そんなモヤモヤとした平日の1人だけの昼食に、パスタを作ることにしました。

落ち込みがちな気分にぴったりのパスタ。

スパゲティ・ディスペラート、「絶望のスパゲティ」です。

 

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノのことなんですけどね。

※「エ」を入れると「アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」かな。

 

数年前に閉店してしまった西麻布の老舗イタリアレストラン「カピトリーノ」では、このパスタを「スパゲティ・ディスペラート」と呼んでいました。

今から30年近く前、知り合いの女の子と2人でディナーコースを食べたなあ。

 

材料がないときのパスタだから絶望と呼ばれるようになったのかどうか、定かではありません。

f:id:NShufu:20161025212000j:plain

ニンニクとオリーブオイルと唐辛子と塩だけのシンプルなパスタ。

ちゃんとゆで汁も加えてガーリックオイルをとろりとさせたんですが、全然ダメですね。

 

記憶をたどると、カピトリーノの吉川シェフのスパゲティ・ディスペラートは、もっとソース分があって、しかも黄色~黄緑がかっていました。

パセリぐらいかけてあったのか、あるいは「追い」オリーブオイルでもすればそんな感じになるのか。

ともかく、私の修行が足りないことだけは明白です。

といっても、何回も作ったことないんですが。

 

ところで、最近よくある「○○のペペロンチーノ」なんていう、他の具材が入ったメニュー名が気になって気になって仕方ありません。「ペペロンチーノ」だけだと「唐辛子」という意味にしかなりませんから。

「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」は、ニンニクとオリーブオイルと唐辛子だけだからこの名前なんです。たまに「ペペロン」なんて略す人さえいますが、どうにも我慢できません。

 

 

広告を非表示にする