フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫的な生活になってから25年超え。生活や子育ての中でブログネタを探しています。

家族写真の整理には、昔ながらの「紙のアルバム」をおすすめしたい。

みなさん、写真の整理ってどうしていますか?

結婚し、さらに子どもが生まれたりすると、写真を撮る機会がすごく増えますよね。

まして今はデジカメ、スマホでいくらでも撮影できちゃいますから。

(ウチの長男・長女が生まれた頃は、まだフィルムカメラが普通でした…)

 

そうやって溜まっていく家族写真。

まさか、デジカメやスマホメモリーカードに入れっぱなしにしていないでしょうか?

私は古い人間なので(笑)、プリントした写真を昔ながらの「紙のアルバム」に整理することをお勧めしたいと思います。

 

紙のアルバムのメリットその1:長期保存できる

メモリーカードやCD-R、DVD-Rなどは、数年単位、10年単位で劣化する可能性があります。それに、メモリーカードは、一部に異常が生じたら全部パーになってしまう可能性も。

それに比べて、プリントした写真であれば、何十年経っても、多少劣化はするかもしれませんが見ることはできます。家族写真って、改めて見たくなるのはだいたい2、30年経ってからですから、長期保存できるかどうかは重要です。

紙のアルバムのメリットその2:選んだものだけを見やすく残せる

デジカメなどが普通になったので、写真の枚数がものすごく増えています。後から見返したくなる「写りのいいもの」だけを選んでおかないと、いい写真が「大量のどうでもいい写真というノイズ」に埋もれてしまって、探し出して見ることが難しくなり、結局は死蔵されてしまいます。

面倒でも、そのつど必要なものを選んで整理しておくことは、後から見返すために絶対必要。紙のアルバムに整理することは、そのために役立ちます。

この「選んだものを残す」とか、「一覧性がいい」という点は、デジタルでのアルバムのようなものでも同じかもしれませんけどね。

紙のアルバムのメリットその3:環境に依存しない

紙のアルバムは肉眼で見るだけですから、見るためには何も必要ありません。

デジタルデータだと、見ようと思ったときに、その古いメディアを読み出せるかどうか(インターフェースなど)が問題になります。読み出すためのパソコンやスマホなどの機器も必要。クラウドで画像データを保存している方もいると思いますが、そのサービスははたして数十年後まで続いているでしょうか?

数十年後に見ることを考えると、そのときまでデジタルデータを読み出す環境を維持するのは大変そうです。

紙のアルバムのメリットその4:万一のときも取り戻せるかも?

東日本大震災のとき、津波で水没した写真類はちゃんと回収され修復されたという話があります。これも、誰がみてもそれとわかる紙の写真だからできたことで、デジタルデータだとこうはいかないでしょう。もちろん、修復・復元も難しいはず。

この点については、データをクラウドに保存しておけば安全ですが。

 

……そんな考えで、私は家族写真を全部、昔ながらの紙のアルバムに貼っています。

しかも、夫婦と子どもの人数分に分けて、です。

夫婦用には、家族全員のものを。

子ども用には、それぞれの関係するものを。

ひとこと付けておきたい写真には、メモも付けるようにしています。

以前は細長い紙片にひとこと書いて一緒に貼っていたんですが、非常に手間がかかるので、数年前からは、(ちょっと見栄えは悪いですが)写真に修正テープを直接貼って書き込んでいます。こうしておくと、どんなときに撮影した写真かが後からわかっていいですよ。

f:id:NShufu:20160827210506j:plain ← こんな感じです。

そして、子どもが家を出るときには、問答無用で各自のアルバムも持たせています。

長男と長女には3冊ずつ、重ねると15cm以上ありそうな、重くてかさばるアルバムを渡しました。

 

f:id:NShufu:20160827210518j:plain

台紙を足しているので、パンパンになったものばかり。6冊分減ったので、すきまができました……。

家族の人数分のアルバムを作るこのやり方、実は私の父がやっていた方法です。

私のところにも、自分が生まれた頃からのアルバムが3冊残っています(そういえば冊数も同じだ…)。