フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

フリーになるなら,準備にはある程度のところで見切りをつけて実際の仕事を。資格やスクールはほどほどに。

仕事の種類によっていろいろなのでしょうが,独立してフリーとして仕事をするための準備に時間をかけるのは善し悪しです。

「まだこのレベルでは仕事はできない」「まだこのレベルでは仕事はできない」「まだ…」そんなことばかり考えて勉強や準備ばかりしているようでは,いつまで経っても独立はできません。

全くのゼロからスタートなら資格やスクールが必要な場合もあるかもしれませんが,スクール類はそういうお客さんを集めて収益を上げているわけです。スクールのたぐいは,受講生を独立させてあげるためにあるわけではありません。資格取得やスクールにお金をつぎ込み続けるのは,自分のためになりませんよ。

 ですから,どこかでえいっと見切りを付けて,報酬が発生する仕事をやりましょう。

f:id:NShufu:20160716213703j:plain

 

準備としてやってきた「練習問題」と,実際に取り組む「仕事」は全然違います。

実際にお金を稼がないとわからないことって,あるんですよ。

 

勉強や準備ばかりしている「予備軍」は,そこらじゅうに一杯います。

その中から一歩踏み出すかどうかが,大きな分かれ目。

一歩踏み出せば,他の予備軍から一歩も二歩も先に進むことができるんです。

踏み出さなければ,いつまでたっても予備軍のままです。

どうするかは,自分の気持ち1つ。

 

どんな形であっても,仕事をすれば,それは全部自分の実績になります。フリーランスに求められるのは即戦力なので,経験や実績はすごくモノを言います。

 ですから,最初は実績づくりのため,採算度外視で安い仕事でもなんでもやってみればいいんです。

(もちろん,それをそのまま続けていては,便利に使われて疲弊していくだけなのでダメです。順調に仕事ができるようになってきたら,いろいろな方法で効率・収入アップを目指さなければいけません)

 

そうやって実際に仕事をしているうちにいろいろなことがわかってくるし,必要に迫られて自分の能力もどんどん上がっていきます。

 

「きっちり準備して順調にスタート」なんていうことはありえません。

最初は小さなことからやってみればいいんです。副業でもいいでしょう。ジタバタしながら,ドロナワで1つ1つの仕事をなんとかかんとか全力でやっていくうちに,だんだん形になっていくんですよ。