フリーランス兼業主夫日記

フリーランス、なりゆきで兼業主夫になって20年以上。生活や子育てその他つらつら考えたことを。

その他

新聞とかラジオとか、古いメディアが結構好きです。意外性があるので。

ネットにどっぷり漬かった毎日を過ごしています。 ニュースなど、さまざまな記事もネットで見ることがほとんど。 でも、ネットの記事はおそらく、「あなたにおすすめの記事:」みたいに、閲覧履歴から「興味ありそうな記事」が勝手に選択されて表示されるこ…

「統計学的な正しさ」と、1回限りの自分の人生。

先日、こんなツイートをみかけました。 ニセ医学にハマる人って「残念な人」のイメージが世間的にも強いと思うが、米原万里さんの晩年のエッセイを読んでイメージが完全に変わった。知性と教養の塊の様な人が、癌を患った途端、本人も怪しいと分りつつも、怪…

統計学的有意性、知っていますか。

先日のオイコノミアを見て思ったことの続きです。 書きたいことがいくつかあるので、勢いがあるうちに続けて書いてしまいましょう。 nshufu.hatenablog.com 「単位パン」実験。 番組の中で、「単位パンを食べたら成績が上がるか」という実験をやっていました…

疑似相関、原因と結果の関係。一概に「そんなことあるわけない」では済まないこともあるのでは。

昨日はこんな記事を書きました。 nshufu.hatenablog.com 私は専門家ではありませんが、いろいろと思うことがあります。 相関関係と因果関係、疫学研究。 番組の中では「地球温暖化と海賊の数」という例が挙げられていました。 平均気温は右肩上がりで上昇し…

NHK Eテレ「オイコノミア」、分かって得する!原因と結果の経済学。

NHK Eテレ「オイコノミア」、2017年7月5日の放送を見ました。 www4.nhk.or.jp 今回の放送は、「分かって得する!原因と結果の経済学」。 出演は又吉直樹さん、岩井勇気さん(ハライチ)、 そして慶應義塾大学准教授の中室牧子さん。『「学力」の経済学』が去…

安倍首相がつけていた、あの黄色の羽根は何だろう?

思いつくまま気の向くまま、何でも書いているブログです。 テレビでニュースを見ながら、子どもとよく話をします。 北朝鮮が以前に弾道ミサイルを発射したニュースのときには、 ICBMって何の略だ?(Intercontinental Ballistic Missileの略。) 昔は「大陸間…

藤井聡太四段、「個人事業主」だったのか!

連日話題の藤井聡太四段。 これだけ「時の人」になってしまうと、今年大晦日の紅白歌合戦の審査員は確定かな?と思っていました。 そこで気になったのが、深夜の番組出演。 過去にも、子どものタレントや子役が遅い時間帯の番組に出演できなかった例があった…

『女子中学生の小さな大発見』(清邦彦編著,新潮社)。「自由」な自由研究。

この間,とあるツイートを見て思い出しました。 「女子中学生の小さな大発見」という本があります理科の先生が学生の夏休みの宿題をまとめた本です。168gのスジコの中にイクラの粒が1505個あったとかイカ墨でお習字したとか小さい事が淡々とまとめられていま…

遠くのラジオ局の放送が聞こえるかもしれない,自然現象のお話。

気の向くまま好きなことを書いているブログです。 今日もまたマニアックなネタを。 先日,車で外出したときにカーステレオでFM放送を聞いていたんです。 いつも,ちょっと遠い地域の局の放送を聞いているんですが,その日はどうも電波の入りが悪い。 アンテ…

江戸時代の折り紙、「千羽鶴折形」について。

前回に続き、マニアックな話です。 nshufu.hatenablog.com 笠原邦彦さんの本に、「千羽鶴折形」も紹介されていました。 『おりがみ3』笠原邦彦編、有紀書房 発行年は、カバーに「昭四九刊」とあります。 子ども向けの易しい折り紙の本ですが、後半1/4が千羽…

江戸時代の折り紙の資料、「斯哉等草」(かやらぐさ)について。

今回はかなりマニアックな話を。 最近、久しぶりに折り紙の本を読んだんですが、 nshufu.hatenablog.com それで遠い昔のことを思い出しました。 子どもの頃、折り紙がすごく好きだったんです。幼稚園から小学校2年まで。 笠原邦彦さんという折り紙作家の本が…

『折り紙学』(西川誠司著、今人舎)を読みました。

なんとなく、衝動買いしました。 『折り紙学』(西川誠司著、今人舎、2,200円+税)。 ほぼA4サイズの大判です。全63ページ、厚さ約1.3cm。 硬派な印象の表紙に反して、内容は小学校の図書室向け図鑑・入門書といった感じなのがちょっと予想外。漢字にもルビ…

食べ残しは本当にもったいない。30・10運動が各地に広がっています。

今朝のNHK「おはよう日本」で放送されていましたが,長野県松本市発祥の「30・10運動」が各地に広がっているとのこと。 www.nhk.or.jp 「食べ残しを減らすために,宴会の最初の30分と最後の10分は,幹事が主導してしっかり食事をしよう」という運動です。 そ…

クロアゲハの幼虫を発見。しかも脱皮した!(虫が苦手な方はいちおう閲覧注意)

(虫関係が苦手な方はスルーでお願いします……) ウチには、狭いですが庭があります。 手入れをしていないので草ぼうぼう、それ以外にもよくわからないものがいろいろ生えています。 その「よくわからないもの」の1つが、「謎の柑橘系の木」。 花もまだ咲いて…

宮崎駿監督の初期のTVアニメ『未来少年コナン』、話題にならないのはなぜだろう?

昨日の記事を書いていて、『未来少年コナン』を思い出しました。 nshufu.hatenablog.com 記念すべき、宮崎駿初監督作品にしてNHK初のアニメ。1978年のことです。 半年にわたり毎週放送されたので、全26話もあります。 どんなストーリー? Wikipediaに詳しく書…

身の回りにも、結構いろいろな生き物がいます。

虫などの画像がすこしたまったので、まとめて載せてしまいます。 画像が粗いですが、ナナフシの幼虫。 現在の場所に住んで20年以上になりますが、初めてみました!ちょっとびっくり。 体長(胴体部分)は2cmないぐらいだったでしょうか。 ヤマトシジミ。シジ…

SOGIという言葉、知っていますか。

今日はこんなニュースが。 www3.nhk.or.jp 昨年あたりからLGBTという言葉を頻繁に耳にするようになりました。 でも、人がLGBTと言うとき、「自分とは違う人たちのこと」と考えはしないでしょうか。「"普通"である自分たち」に対する「"自分とは違う" "特別な…

すごくいい本なんだけど、でも現代ではもう簡単にはお勧めできないかも。『はじめてのキャンプ』(林 明子 著)

『はじめてのキャンプ』林明子 作(福音館書店)。 小さい女の子の「なほちゃん」が、大きい子たちと一緒にはじめてのキャンプに行くお話です。 小さい子はあれもできない、これもできないからだめといって嫌がる大きな子たち。 でもなんでもやってみる、な…

踏切事故の報道、非常停止ボタンについて改めて周知してほしい。

川崎市の踏切事故。 www3.nhk.or.jp テレビでも新聞でも毎日報道が続いていますが, どうして非常停止ボタンのことを言わないんだろう? 数日が経って,助けに入った男性の美談ばかりが目に付くようになっています。 でも,踏切内で問題が発生したとき(人の…

今週のNHK Eテレ「オイコノミア」は、「信じるココロの経済学」でした。

出演は、いつもの又吉直樹さん、大阪大学社会経済研究所教授 大竹文雄さん、そしてゲストのはるな愛さん。 縁起を担ぐ、験を担ぐ→ヒューリスティックスのバイアス。 縁起を担いだり験担ぎした経験は? 又吉さん「相方と道ばたでばったり何回も会ったのでコン…

トンボ鉛筆の8900番、鉛筆ホルダー。鉛筆けずりの思い出。

机の引き出しの奥から、古い鉛筆が出てきました。 私が大学受験のころに使っていた残骸。もう35年も前のものです。 文房具にそれほどこだわりがあるわけではありませんが、鉛筆はやはりトンボ鉛筆の8900番が好きです。軸の塗装のくすんだ濃い黄緑色と木の色…

クイズ用「早押し機」が壊れたので、さらに修理・改良。

クイズ用早押し機(早押し判定機、早押しボタン)のお話。 娘が高校生だったころのクイズ大会、クイズ研究同好会用に、40年前の電子工作の経験を思い出して作ってみました。 nshufu.hatenablog.com nshufu.hatenablog.com 改良したのが2年前。もうそんなに経…

クイズ用「早押し機」の改良。

娘が高校生だった頃、クイズ大会用に「早押し機」を作りました。 nshufu.hatenablog.com 「クイズ大会のため」というより、娘はこれで高校に「クイズ研究同好会」を新たに作ったんです(高校で新しく同好会を作るなんて、絵に描いたような青春……というほどの…

NHK Eテレ「オイコノミア」、「オトナのたしなみ、マナーとルールの経済学」。

2017年3月8日放送のNHK Eテレ「オイコノミア」は、「オトナのたしなみ、マナーとルールの経済学」でした。 出演は又吉直樹さんのほか、日本大学准教授の安藤至大さん、ゲストは壇蜜さん。 ================================…

クイズ大会のための「早押し判定機」の製作。

毎年、夏になるとテレビで「高校生クイズ」をやっていますね。 ときどきルール変更があり、知識・早押し勝負であったりゲーム・運試し勝負であったりしますが、テレビ番組のルールにかかわらず、クイズが好きな人は一部にずっと存在しているようです。 『ナ…